ComcastがブロックチェーンのVCを加速

Comcast Venturesは、ブロックチェーンの新興企業に投資するだけではなく、ブロックチェーンの新興企業に投資する投資会社にも投資をしています。Comcastはケーブルテレビ・情報通信・メディアエンターテイメントの超巨大企業。

Comcast Venturesは先月、IBMとBoldstart Venturesとともに、エンタープライズブロックチェーンを構築する新興企業に投資するアクセラレータmStateに投資。さらに既存の集権型型プロトコルを使用するブロックチェーンテクノロジ企業に投資するファンドであるBlockchange Venturesへの最近の戦略的投資を明らかにしました。

同社では新任のGil Beyda常務取締役が “積極的”投資戦略を計画しています。投資家に投資してできるだけ多くのブロックチェーンの種子を育てる戦略は、収益を生み出すだけでなく、ベンチャーキャピタルの親会社であるコムキャスト(時価総額1840億ドル)がブロックチェーン技術を速く学習することを意図しているといいます。

近くICOに参加も

Comcast Venturesが探求している分野の1つがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)です。「私たちのビジネスが変わるかもしれないという事実を無視しているわけではありません」とBeyda氏は述べています。Comcastのポートフォリオに入っているモバイルビデオスタートアップYouNowは昨年ICOに踏み切り調達金額は1500万ドルに上りました。YouNowは広告等のマネタイズをやめて動画に対してトークンで報酬を支払う「トークンエコノミー」の構築を目指しています。

Comcastは現在YouNowトークンを所有していないが、Beyda氏はある日、バランスシート上にトークンを保持する可能性があるという考えに前向きといいます。米中のVC/事業会社のICOへの参画が加速しています。先日もアンドリーセンホロウィッツが、6000万ドルを調達したDifinityのトークンセールに参加したことが明らかになりました。

最も注目に値するのは、BlockChain Insights Platformです。Disney、Cox Communicationなどのメディアコンソーシアムとともに、Blockchainを使用し、顧客データを共有することなくインサイトに達し、広告をより正確にターゲティングできるよう支援することに挑戦しています。デジタル広告の世界ではGoogleとFacebookの寡占が厳しく、他のプレイヤーはデータ連合を取るべきなのですが、互いの顧客情報を合わせるのは常に利害衝突を引き起こして難しいのです。BlockChain Insights Platformはそれを解決しようとしています。

参考

Coindesk ”Comcast VC Arm Embarks on ‘Aggressive’ Blockchain Investing Plan”

Multichannel News ”Comcast Looking to Link Blockchain to the Connected Home”


Also published on Medium.

Takushi Yoshida

起業家&デジタルビジネスアナリスト。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。ジャカルタで政治経済記者。APEC、ASEAN首脳会議でTPP、ASEAN+3などの地域経済統合をリサーチ。帰国後、米デジタルマーケティングメディアDIGIDAY[日本版]立上げ参画。2017年10月テックビジネス戦略メディアAxionを創業。

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す