Coinbaseが小売向けビットコイン支払いに参入

暗号通貨取引所は別の市場への拡大を進めています。オンラインストアが4つの主要な暗号化通貨で支払いを処理するのをサポートする、Coinbase Commerce(コインベースコマース)が立ち上げられました。

Coinbase Commerce

サンフランシスコに拠点を置くCoinbaseは、マーチャントが複数の暗号通貨による支払いソリューションを導入するのを簡素化する新しいサービスを開発しました。コインベースコマースは、各ブロックチェーン上のクライアントトランザクションを監視、検証、確認することにより、暗号通貨支払いの導入を容易にします。同社は顧客からの支払いがチェーン上で行われると述べています。

Coinbase Commerceは2月14日に世界中のすべての加盟店で利用可能になりました。どこのオンライン小売業者も、このサービスを使用してビットコイン(BTC)、ビットコインキャシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)およびライトコイン(LTC)の支払いを受け入れることができます。マーチャントは複数の暗号通貨を自らのウォレットに受け入れることができます。

Shopifyインテグレーション

開発者は、商人のチェックアウトフローに直接統合することも、電子商取引プラットフォーム上の支払いオプションとして追加することもできると説明しています。このサービスは、すでに米国最大のコマースプラットフォームの1つであるShopifyで採用されました。年間の総流通額(GMV)45億ドル、ユーザー50万を誇ります。

暗号通貨のエコシステム外の小売業者には、「Bitcoin版Paypal」とこのサービスを簡単に説明することができます、ジョージア州アトランタに拠点を置くデジタル資産サービスプロバイダーBitpayが米市場では支配的ですが、昨年10億ドル超の収益を上げ、十分なユーザーベースをもつCoinbaseには逆転の目があるかもしれません。


Also published on Medium.

コメントを残す